イチゴ

イチゴ

イチゴに病気発生か?

イチゴの引っ越し ついにベランダがいっぱいになってしまった。 イチゴ(あきひめ)が4株2鉢。 ワイルドストロベリーが長形プランター1個分。 ランナー(ほふく茎)を伸ばしてきて、ベランダを占領する。 百日草の鉢が2つ(子供が担当)。 このまま...
イチゴ

いちごの品種改良の歴史

いちご品種改良の歴史 いちごは石器時代から食べられてきた。 紀元前3830年から3760年頃のスイスの遺跡では 穀物のスープからイチゴが発見されている。 現在ひろまってるいちごが生まれたのは18世紀のオランダ。 アメリカのいちごとチリのい...
イチゴ

ワイルドストロベリーを種から育てる方法

ワイルドストロベリーの種の取りかた ワイルドストロベリーがたわわに実っている。 今年は実生(みしょう)に挑戦する。 自分で種を取り、新しい株を種をまいて作る。 まずワイルドストロベリーのみをつぶしてキッチンペーパーになする。 早く乾燥させ...
イチゴ

ワイルドストロベリーはランナー無しがおすすめ

ワイルドストロベリーが7月に伸びまくる 昨年からベランダでワイルドストロベリー栽培をはじめた。 はじめは花も咲かず、実もならなかった。 しかしランナーを伸ばしはじめたのだ。 植木鉢をはみだして四方へひろがった。 イチゴはランナー(ほふく茎...
イチゴ

イチゴの奇形の原因

イチゴの奇形 ふらちな実がなった。 実の部分が緑色のまま残って 脇のほうが赤く盛り上がっている。 けしからん形だ。 奇形の原因1:受粉不足 原因は受粉不足であろう。 うちのイチゴにはハチやアブがほとんどこない。 プランターをはベランダの奥に...
イチゴ

テントウムシ採集in大阪市

アブラムシ対策にテントウムシを探す。 ベランダのイチゴにアブラムシがつく。 農薬で大量発生を抑えているが、きりがない。 とくにワイルドストロベリーのアブラムシがひどい。 プランター内に下葉がしげり密集。 内側はジャングル状態である。 テント...
イチゴ

ワイルドストロベリーの種取り

ワイルドストロベリーが増えすぎた 5月になってワイルドストロベリーが大繁殖している。 プランターいっぱいに繁ってあふれだす。 土がみえなくなった。 かき分けて中をのぞくと密林状態。 ジャングルである。 大量のアブラムシ。 下草になった葉っ...
イチゴ

イチゴの交配方法

tokioが品種改良したイチゴ テレビ番組「鉄腕ダッシュ」でイチゴ栽培もやっていた。 だいぶ昔、2012年の話である。 ふつうのイチゴ栽培のほかに イチゴの交配も紹介している。 「交配」とは品種をかけ合わせて新しいイチゴを作ること。 イチ...
イチゴ

イチゴの花びらの枚数

イチゴの花びらの数 イチゴの花びらは5枚だと思っていた。 バラ科の植物は基本5枚である。 たとえばノイバラはこんな花が咲く。 正しく5枚。 ところがベランダのイチゴの花を見ると けっこうな割合で花びらが6枚ある。 花びら5枚は全体の6割く...
イチゴ

ベランダでのいちご狩り達成!

ベランダのイチゴを初収穫 5年間の失敗の後、はじめてイチゴの実がなっている。 赤く色づいていくのをながめるのが朝の日課だ。 ベランダでコーヒーを飲みながらイチゴをチェック。 優雅である。 しかし鳥がクルクル鳴いているのがプレッシャーだ。 ...
タイトルとURLをコピーしました