ワイルドストロベリーの種取り

ワイルドストロベリー実5月 イチゴ

ワイルドストロベリーが増えすぎた

5月になってワイルドストロベリーが大繁殖している。
プランターいっぱいに繁ってあふれだす。
土がみえなくなった。

かき分けて中をのぞくと密林状態。
ジャングルである。
大量のアブラムシ。
下草になった葉っぱは黄色く枯れている。

放置したぬか漬けみたいな感じだ。
どうしたら良いものか?
ひとまずプランターからはみ出したランナーにポットをあてがう。
それから種取りをしてみることにした。

ワイルドストロベリーの種取り

原始的なやりかたで種取りをする。
キッチンペーパーに実をなすりつける。
ビジュアル的に美しくない。
見苦しい画像で申し訳ありません。
ワイルドストロベリー種取りキッチンペーパー
なんだか悪いことをしている感じがする。
後ろめたい。
はなくそをほじりすぎた悪ガキになった気分である。
単に種取りをしているだけなのだが・・・。

キッチンペーパーが乾燥すれば種は採取できる。

ワイルドストロベリーの香水

ワイルドストロベリーは香りが強い。
実をつぶしていると濃厚にかおる。
この匂いは子供のころかいだ記憶がある。

「イチゴのにおい」だ。
におい消しゴムの「いちご」のやつ。
どことなく人工的で安っぽいと思っていたが、
あれはワイルドストロベリーの正確な再現だった。

ワイルドベリーの実をつまむと童心にかえる。
小学1・2年生くらい。
クラスメートの女の子のことを思い出してしまった。

ワイルドストロベリーの品種改良

「桃薫(もものか)」というイチゴがある。
ワイルドストロベリーとイチゴを交配した品種だ。
独特な香りが特徴。

フルーティーなモモやココナッツに似た香り、
甘いカラメルのような特徴的な香りの成分が多く含まれ、
今までのイチゴとは違った風味を楽しめます。

農研機構:桃薫

見た目も特別。
うっすらとしたピンク色だ。
何とも言えずかわいい。
ワイルドストロベリー白実タイプの遺伝子を受け継いでいるようだ。
ワルドストロベリー白実から生まれた桃薫
交配には夢がある。
ワイルドストロベリーと交配させることで
いままでなかったようなかわいいイチゴがうまれた。
うちのベランダでも「章姫(あきひめ)」と
ワイルドストロベリーを交配させてみている。
将来が楽しみである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました