イチゴの花びらの枚数

イチゴの花びらの枚数 イチゴ

イチゴの花びらの数

イチゴの花びらは5枚だと思っていた。
バラ科の植物は基本5枚である。
たとえばノイバラはこんな花が咲く。
正しく5枚。
ノイバラの花びらの数
ところがベランダのイチゴの花を見ると
けっこうな割合で花びらが6枚ある。
花びら5枚は全体の6割くらいだ。
これはめずらしい現象なのか?
そんなことはない。
8枚の花が咲くこともある。
いちごの花びら8枚
参照:グルメいちご館前田さま
それどころか八重咲きまである。
八重の花が咲くと大きないちごが収穫できるという。
イチゴの八重咲き
参照:グルメいちご館前田さま
バラだって八重咲きがある。
いちごも品種改良を重ねているから
八重に咲くものも出てきたのだろう。
バラの花びらの数
いちごの花びらの枚数は何枚か?
正解は「5枚以上。」
そして花びらの数が多いと大きな実がなる傾向がある。

イチゴのガクの数

イチゴの花のガクの数は花びらの2倍。
花びらが5枚なら、ガクは5×2で10枚。
花びらが6枚なら、ガクは6×2で12枚だ。

イチゴの花を見るとつくりがわかる。
花びらの背後にガク1枚。
花びら同士の間にガク1枚だ。
真ん中と両脇で花びらを支えているように見える。
イチゴの花びらとガク
下の写真だと、ガクは12枚。
花びら6枚の花だったのだ。
イチゴのガク

イチゴを食べるときに花びらの数がわかる。

ガクはヘタになってイチゴの実に残る。
ヘタを見ればイチゴの花びらの枚数がわかる。
今後イチゴを食べるときはヘタを数えてみよう。

イチゴの大きさとヘタの枚数は本当に関係あるのか?
もし比例しているなら、花びらの多い品種を作れば
大きなイチゴを収穫できるかもしれない。

バラなんてやたらめったら花びらが多い。
イチゴだって品種改良の可能性があるかもしれない。

イチゴの花びらの数と実の大きさ

イチゴのヘタを数えてみたが、
実の大きさと花びらの数は関係がないようにみえる。
大きな実でもガクの数は10本(花びら5まい)

市販のイチゴでもガク10本が多い。
花びらもほとんどが5枚か6枚だ。
(うちのプランターに関するかぎりでデータは少ないけど)
花びらの数と実の大きさは関連がうすいのではないか。
バラのように、花びらの数は品種の性格しだいに思える。

コメント

タイトルとURLをコピーしました